現代ビジネス

1/378ページ

「階段を使わない」「少しでも正座をする」世界5大長寿の町・ブルーゾーンの「関節を壊さず若く保つ習慣」

「階段を使わない」「少しでも正座をする」世界5大長寿の町・ブルーゾーンの「関節を壊さず若く保つ習慣」 30年前の若さを取り戻すためには、身体の各部位をこまめにメンテナンスしておきたい。 続きを見る

実は冬が怖い…「シワ・たるみ」ができる科学的理由→その防御法はこれだ《人体最大の臓器「肌」の研究》

実は冬が怖い…「シワ・たるみ」ができる科学的理由→その防御法はこれだ《人体最大の臓器「肌」の研究》 最新科学研究によると、肌は人体の体重の15%程度を占める、「人体最大の臓器」であり、免疫器官なのだという。その肌で問題になる、「シワ」や「たるみ」ができる理由やその防ぎ方とは? 続きを見る

肌に「シミ」や「くすみ」ができる科学的理由がわかった《人体最大の臓器「皮膚」の研究》

肌に「シミ」や「くすみ」ができる科学的理由がわかった《人体最大の臓器「皮膚」の研究》 最新科学研究によると、肌は人体の体重の15%程度を占める、「人体最大の臓器」であり、免疫器官なのだという。その肌で問題になる、「シミ」ができる理由とは? 続きを見る

肌をいつまでも艶やかに保つ「科学的実践法」《手入れ、洗い方、睡眠、食事、治療法》のすべて

肌をいつまでも艶やかに保つ「科学的実践法」《手入れ、洗い方、睡眠、食事、治療法》のすべて 老化とともに、顔全体の筋肉である表情筋(口輪筋や頬骨筋など)が衰えると、シワがより深く刻まれる。そこで、日頃から表情筋を動かしておくことで、シワやたるみを抑えられる。 続きを見る

「日本に先を越される」と欧米を焦らせたものの、結局「日本敗北」評まで出た「ヒトゲノム研究」が人類にもたらした「凄すぎる進歩」

「日本に先を越される」と欧米を焦らせたものの、結局「日本敗北」評まで出た「ヒトゲノム研究」が人類にもたらした「凄すぎる進歩」 人間の体を構成する細胞。そして、その細胞の核のなかにある染色体、その染色体に収納されたDNA。膨大な量の遺伝情報が書き込まれたDNAの影響によって、私たちは、たとえば両親と顔が似ていたり、特定の病気にかかりやすくなったりする。DNAはいわば、生命の設計図ともいえるのだ。19 […]

「日本はいつ、何をしにウクライナを訪問するのか」が国家として極めて重要な理由

「日本はいつ、何をしにウクライナを訪問するのか」が国家として極めて重要な理由 「反撃能力の保有」や「防衛費の増額」、「次元の異なる少子化対策」などに関する各党による政府への質疑が本格的に始まった。このような中、これらに紛れてあまり大きく取り扱われていない、とても重要な問題がある。それは、岸田首相のウクライナ訪問である。 続きを見る

有望力士を「独り占め」の白鵬親方に大ブーイング《角界「令和の怪物」まで》

有望力士を「独り占め」の白鵬親方に大ブーイング《角界「令和の怪物」まで》 大相撲初場所は、幕下に「令和の怪物」が現れたことが話題になった。初土俵にして幕下優勝を飾り、史上最速で十両昇進を決めた宮城野部屋所属の落合(19歳)だ。だが、師匠である元横綱・白鵬に他の親方衆から「物言い」がついている。 続きを見る

1 378