3億5000万年前の木の葉っぱ、デカすぎです

3億5000万年前の木の葉っぱ、デカすぎです

3億5000万年前の木の葉っぱ、デカすぎです

夢にも出てきそう。
3億5000万年前の木々の化石が、幹に葉が付いた状態のままで発掘されました。木の化石って、普通は幹だけで出てくることがほとんどらしいんですが、新たに見つかった化石には葉っぱがわさわさ付いていて、全体的な形がちゃんとわかりました。そしてその形が、こんなたんぽぽの綿毛みたいな、耳かきの梵天みたいな形だったんです。
最古に準ずる古木
カナダの北東部ニューブランズウィック州のかつて湖だ…
続きを読む

続きを見る

ギズモード・ジャパンカテゴリの最新記事