火星ヘリ「インジェニュイティ」、回転翼の損傷により運用終了

火星ヘリ「インジェニュイティ」、回転翼の損傷により運用終了

火星ヘリ「インジェニュイティ」、回転翼の損傷により運用終了

さよなら、インジェニュイティ。
3年近く火星の地を飛び回っていたNASAの火星ヘリコプター「インジェニュイティ」。NASAは木曜、そのミッションを終了したと発表しました。
着陸時に回転翼が損傷を受けたため、飛行できなくなったのです。
命取りとなったアクシデント
NASAは、1月18日に実施された72回目(そして最後)の飛行の画像から、少なくとも1枚の回転翼が損傷していたことが明らかになり、同ヘリは…
続きを読む

続きを見る

ギズモード・ジャパンカテゴリの最新記事