約1万5700年前。ものすごく古い尖頭器が発掘されてわかったこと

約1万5700年前。ものすごく古い尖頭器が発掘されてわかったこと

約1万5700年前。ものすごく古い尖頭器が発掘されてわかったこと

2023年1月9日の記事を編集して再掲載しています。
米アイダホ州にある有名な遺跡で発掘された有茎尖頭器が、これまでに同遺跡で見つかった石器類より数千年も古く、1万5785年前のものであると判明しました。
今回の発見によって、アメリカ大陸最古の石器があったとされる時期はもっと昔にさかのぼり、氷河時代のアジアと北米との人々の間で技術(とひょっとすると遺伝的類縁性)がどのように共有されてい…
続きを読む

続きを見る

ギズモード・ジャパンカテゴリの最新記事