【追悼】門田博光さん「小6で母が他界、野球の間だけは辛いことを全部忘れられた」

【追悼】門田博光さん「小6で母が他界、野球の間だけは辛いことを全部忘れられた」

【追悼】門田博光さん「小6で母が他界、野球の間だけは辛いことを全部忘れられた」

1月24日、南海にて長らく主砲として活躍し、王貞治、野村克也に次ぐ通算567本もの塁打を放った門田博光氏が亡くなっていたことがわかった。2022年に行われたインタビューにて、「不惑の大砲」は何を語ったのか。「週刊現代」2022年7月16日号より、彼の言葉をもう一度お届けする。

続きを見る

現代ビジネスカテゴリの最新記事