「終活は天国に行くための切符」映画『お終活』の香月秀之監督(66歳)が遺言書を用意して辿り着いた「新たな心境」

「終活は天国に行くための切符」映画『お終活』の香月秀之監督(66歳)が遺言書を用意して辿り着いた「新たな心境」

「終活は天国に行くための切符」映画『お終活』の香月秀之監督(66歳)が遺言書を用意して辿り着いた「新たな心境」

橋爪功と高畑淳子が熟年夫婦役を務め、「人生の終い方」考えさせられる映画『お終活』。’21年5月の映画公開後、現在も各地の公民館などで上映が続けられている。では、監督の香月秀之さん自身は終活に取り組んでいるのか? 66歳の終活事情について伺った。

続きを見る

現代ビジネスカテゴリの最新記事