1年前に殺人事件が起きた踏切を調べる記者…「幽霊としか思えない現象」に遭遇した時、メディアはどんな対応をするか

1年前に殺人事件が起きた踏切を調べる記者…「幽霊としか思えない現象」に遭遇した時、メディアはどんな対応をするか

1年前に殺人事件が起きた踏切を調べる記者…「幽霊としか思えない現象」に遭遇した時、メディアはどんな対応をするか

『踏切の幽霊』(高野和明 著)文藝春秋 読者を興奮の渦に叩き込んだ傑作『ジェノサイド』から11年、待ちに待った高野和明の新刊である。 だがその印象のままページを開くと背負い投げを喰らう。確かに『ジェノサ…

続きを見る

文春カテゴリの最新記事