割礼、去勢、瀉血、麻酔なしで執刀…かつて行われていた「痛すぎる」外科手術の実態

割礼、去勢、瀉血、麻酔なしで執刀…かつて行われていた「痛すぎる」外科手術の実態

割礼、去勢、瀉血、麻酔なしで執刀…かつて行われていた「痛すぎる」外科手術の実態

ファンタジー世界や古代、中世に転生・転移する物語はよくある。しかしかつては治療行為の一環として行われる瀉血によって失血死したり、割礼や宦官になるための去勢手術をはじめとする外科手術はすべて麻酔なしで行われていた。医療のことを考えると現代で生きるほうがはるかにラクだし、痛みが少なくて済む。今この時代に生まれてきて良かった――そんなことを痛感させる(文字通り読んでいて「痛い」)のが、外科医が手術の歴史を辿ったアーノルド・ファン・デ・ラール『黒衣の外科医たち 恐ろしくも驚異的な手術の歴史』(晶文社)だ。

続きを見る

現代ビジネスカテゴリの最新記事