NASAの次世代宇宙望遠鏡、2040年代の運用を目指します

NASAの次世代宇宙望遠鏡、2040年代の運用を目指します

NASAの次世代宇宙望遠鏡、2040年代の運用を目指します

NASAの担当者は先日開催されたアメリカ天文学会の集まりの場で、次世代型宇宙望遠鏡Habitable Worlds Observatory(ハビタブル・ワールド・オブザーバトリー、以下HWO)についての情報を明らかにしました。
この総会の中でNASAの科学ミッション局宇宙物理学局長のMark Clampin氏が、早ければ2040年代に運用される同望遠鏡に関する詳細をいくつか語ってくれたの…
続きを読む

続きを見る

ギズモード・ジャパンカテゴリの最新記事