減税で滅んだ国家はない、増税は国家衰退のサインだ

減税で滅んだ国家はない、増税は国家衰退のサインだ

減税で滅んだ国家はない、増税は国家衰退のサインだ

過去のインフレ期においては、そのような「自動増税」を避けるために減税が繰り返された。したがって、現在「増税」を議論するなどとんでもない話だ。むしろ所得税減税すべきなのである。政府が行うべきは、あくまで「無駄な支出の抑制」による財政均衡なのであり、決して増税ではない。

続きを見る

現代ビジネスカテゴリの最新記事