46歳大企業管理職の男性が絶句…会社の制度を利用したら「将来のお金」を「ぼったくられた」

46歳大企業管理職の男性が絶句…会社の制度を利用したら「将来のお金」を「ぼったくられた」

46歳大企業管理職の男性が絶句…会社の制度を利用したら「将来のお金」を「ぼったくられた」

今野雄一(46歳 仮名)さんは上場企業の管理職です。大学卒業後に就職した有名企業にて全国の支店の転勤を経験し、今野さんの地元でもある地方の支店に移動、役員候補として会社からも期待されています。そんな今野さんの会社では20年前、まだ今野さんが26歳の頃に会社の福利厚生の制度として企業型確定拠出年金が導入され、この制度を利用し老後の資金の積み立てを行っていました。そして46歳になった今、今野さんはこの制度に加入したことによって自身の将来のお金をぼったくられてしまっていることに気が付いたのでした。

続きを見る

現代ビジネスカテゴリの最新記事