人口減少が始まった中国、2050年には「独居老人1億人」の社会を迎えているかもしれない

人口減少が始まった中国、2050年には「独居老人1億人」の社会を迎えているかもしれない

人口減少が始まった中国、2050年には「独居老人1億人」の社会を迎えているかもしれない

ついに中国の人口が減少に転じた。世界中の国々がこの「巨像」の動向を注視している。13億という巨大な人口を抱えるこの国で、今後、どのように人口が減っていくのか。そして、それは中国社会にいったいどのような影響を与えるのか。2018年の段階で中国の人口問題に光を当てていた『未来の中国年表』より一部を抜粋、編集し、この深刻な問題の本質に迫る。

続きを見る

現代ビジネスカテゴリの最新記事