システム不具合によりアメリカ全土のフライトが一時欠航になった原因は「請負業者によるファイル削除」との結論

システム不具合によりアメリカ全土のフライトが一時欠航になった原因は「請負業者によるファイル削除」との結論

システム不具合によりアメリカ全土のフライトが一時欠航になった原因は「請負業者によるファイル削除」との結論

2023年1月11日21時ごろに発生したアメリカ連邦航空局(FAA)のシステムダウンによって、アメリカ全土のすべての航空機に運航停止が命じられ、1万便を超える遅延・欠航が生じました。FAAの調査により、原因は「請負業者が意図せずに必要なファイルを削除したこと」だったことが明らかになっています。

続きを読む…

続きを見る

GIGAZINEカテゴリの最新記事