もし新聞記者が「心霊ネタ」を振られたら…小説家・高野和明が幽霊に「科学的」に臨んだ理由

もし新聞記者が「心霊ネタ」を振られたら…小説家・高野和明が幽霊に「科学的」に臨んだ理由

もし新聞記者が「心霊ネタ」を振られたら…小説家・高野和明が幽霊に「科学的」に臨んだ理由

下北沢の踏切に現れる幽霊、その正体を追う記者の苦悩と葛藤。『ジェノサイド』の著者が放つ11年ぶり、衝撃の長編

続きを見る

現代ビジネスカテゴリの最新記事