人が「死ぬとき」はこんな感じ…患者の「死に際」に行われる医師の「パフォーマンス」

人が「死ぬとき」はこんな感じ…患者の「死に際」に行われる医師の「パフォーマンス」

人が「死ぬとき」はこんな感じ…患者の「死に際」に行われる医師の「パフォーマンス」

だれしも死ぬときはあまり苦しまず、人生に満足を感じながら、安らかな心持ちで最期を迎えたいと思っているのではないでしょうか。ある男性は、九十歳まで健康に暮らし、ゴルフで久々によいスコアを出した日の夜、妻や息子、孫たちとともに食事を楽しみ、ビールを飲んで、のんびり風呂に入ったあと、本人も気づかないまま寝床の中で息を引き取ったと、何かの記事に書いてありました。なんと恵まれた人生の幕引きでしょう。自分もかくありたいものだと、つい思ってしまいます。片や私は医師として、多くの患者さんの最期に接する中で、人工呼吸器や透析器で無理やり生かされ、チューブだらけになって、あちこちから出血しながら、悲惨な最期を迎えた人を、少なからず見ました。望ましい最期を迎える人と、好ましくない亡くなり方をする人のちがいは、どこにあるのでしょう。

続きを見る

現代ビジネスカテゴリの最新記事