磨いてもらって出世、宝くじが当たった人も…!新橋の91歳「靴磨きばあちゃん」が、いまも仕事を続けるワケ

磨いてもらって出世、宝くじが当たった人も…!新橋の91歳「靴磨きばあちゃん」が、いまも仕事を続けるワケ

磨いてもらって出世、宝くじが当たった人も…!新橋の91歳「靴磨きばあちゃん」が、いまも仕事を続けるワケ

日本の道路がまだほとんど舗装されていなかった時代、「路上靴磨き」はなくてはならない商売だった。だが、時代は移り変わり、その職人たちは今や片手で数えるほどしか残っていない。東京・JR新橋駅で「最後の一人」となった中村幸子さんが、90歳を超えてもなお仕事を続ける「理由」とは――。

続きを見る

現代ビジネスカテゴリの最新記事