木ではなく家電にとまって鳴き出す「セミのおもちゃ」をつくる

木ではなく家電にとまって鳴き出す「セミのおもちゃ」をつくる

木ではなく家電にとまって鳴き出す「セミのおもちゃ」をつくる


寒い時期には、あの暑かった夏のことをすっかり忘れてしまっている。外に出ると一瞬で汗だくになったこと、日なたが憎くて日陰が恋しかったこと、お店に入ると冷房が効いていて生き返ったこと……。すべてが遠い記憶だ。

そんな夏の記憶と強く結びついているのは、セミの鳴き声である。ミーンミンミンミンというあの声を聞くと、寒い季節でも夏に思いを馳せられるかもしれない。そんなことを考えていたところ、「セミのおもちゃ」のアイデアを思い付いた。

続きを見る

デイリーポータルZカテゴリの最新記事