昨年末99歳で亡くなった、「4度の特攻出撃」から生還した「元零戦搭乗員」の生涯

昨年末99歳で亡くなった、「4度の特攻出撃」から生還した「元零戦搭乗員」の生涯

昨年末99歳で亡くなった、「4度の特攻出撃」から生還した「元零戦搭乗員」の生涯

戦後78年、いまや、大戦中「軍人」だった人は全員が90歳代半ば以上になり、戦争体験の継承がきわめて難しくなってきている。そして昨年末、貴重な「生き証人」がまた一人、世を去った。荒井敏雄さん、99歳。零戦搭乗員として4度の特攻出撃から生還した男の生涯、そして最後まで忘れ得なかった「思い」とは――。

続きを見る

現代ビジネスカテゴリの最新記事