130人もの子どもを本当はどこに連れ去ったのか…ハーメルンの「笛吹き男」の“驚きの正体”

130人もの子どもを本当はどこに連れ去ったのか…ハーメルンの「笛吹き男」の“驚きの正体”

130人もの子どもを本当はどこに連れ去ったのか…ハーメルンの「笛吹き男」の“驚きの正体”

『「笛吹き男」の正体 東方植民のデモーニッシュな系譜』(浜本隆志 著)筑摩選書 書名の「笛吹き男」の括弧は、絵本や教科書などを通じて私たちもよく知る、1284年にドイツのハーメルン市で130人もの子ども…

続きを見る

文春カテゴリの最新記事