『鎌倉殿』の「公暁」が自分を「コウギョウ」と呼んだとき、深い深い感動に襲われた理由

『鎌倉殿』の「公暁」が自分を「コウギョウ」と呼んだとき、深い深い感動に襲われた理由

『鎌倉殿』の「公暁」が自分を「コウギョウ」と呼んだとき、深い深い感動に襲われた理由

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』を見返していて、あらためて心残った言葉があった。45話『八幡宮の階段』の回、三代将軍源実朝を暗殺した公暁は、現場から逃走し、北条政子のもとを訪れる。政子は公暁の祖母にあたる。

続きを見る

現代ビジネスカテゴリの最新記事