テスラの自動運転モード解禁直後に玉突き事故

テスラの自動運転モード解禁直後に玉突き事故

テスラの自動運転モード解禁直後に玉突き事故

急に暗いところに入る魔界で起こったファントムブレーキ。
昨年11月、サンクスギビングの日にサンフランシスコとオークランドを結ぶベイブリッジで玉突き事故が起こりました。
解禁直後の完全自動運転(FSD)モードで走行中のTesla Model Sが追い越し車線に突然車線変更して急ブレーキをかけ、後続の7台が次から次へと衝突してこんな風に折り重なってしまったのです。
2歳児を含む9人が負傷、橋が1時間以…
続きを読む

続きを見る

ギズモード・ジャパンカテゴリの最新記事