《今日で事故から31年》医者に「自分の人生を考えたほうがいい」と言われても…27歳で四肢麻痺になったプロレスラーの夫を“捨てなかった”妻のシンプルな理由とは

《今日で事故から31年》医者に「自分の人生を考えたほうがいい」と言われても…27歳で四肢麻痺になったプロレスラーの夫を“捨てなかった”妻のシンプルな理由とは

《今日で事故から31年》医者に「自分の人生を考えたほうがいい」と言われても…27歳で四肢麻痺になったプロレスラーの夫を“捨てなかった”妻のシンプルな理由とは

 事故から数カ月が経過したものの、麻痺した体には変化が見られなかった。そこで片山は体の機能を維持・回復させるための専門の病院探しをすることになった。 リハビリテーションで実績のある病院の情報を集めていた…

続きを見る

文春カテゴリの最新記事