住宅リフォームからマンションの水回りの改修工事まで各種建築工事対応。

フリーダイヤル
0120-959-901

2012年10月3日水曜日

H24年9月30日台風17号での雨漏れ原因

                   この物件は、去年11月に屋根のリフーム工事を我が社で、致しました。
                   9月30日(日)PM14:00お客様よりご連絡を頂き、雨漏れがしてると連絡が有り、
                   早急に現場に行き天井をめくらせて頂き、早急に確認出来ました。
                   屋根からでは、無いと解りました、お客様と打ち合わせをし、3日にする約束致しました。
                   その日は天井の中にバケツを設置致し、帰りました。そとは、強風で、
                   雨も横殴りでかなりキツイ雨でした。(風の向きは北から南向き)

                      サッシ全体の写真
                雨戸は出ないようにべニアが貼っていました
                赤丸が原因のカ所です。

原因は、雨戸の戸袋内でした

赤丸が水が入ったカ所。サッシは後で、釘類は、丸裸で、水切り継ぎ目
サッシ継ぎ目も何もしていたいで、重ねた状態です。戸袋が有るため
一歳防水工事していませんでした。(あくまでも外も内も新壁状態)
キツイ雨でしたらサッシのレールの排水が間に合わないので、戸袋内に
流れていき雨漏れに成ったケースです。緑ラインは。、柱の背割が入っています。

天井内の写真 ①垂木 ②梁 ③柱 ④野地板 赤ラインは、漏れた水の後緑ラインは、見難いですが柱の背割です前に写真とつながっているのが解ると思います。北風がキツイく横殴りの大雨でしか漏らないと思います。お客様は屋根からだと思っていましたが、サッシに水を掛け、原因の確認して頂きました。びっくりしていましたが、納得してくださいました。(築35~40年位)雨漏れ調査・修理工事10月3日(水)(岸和田市内)
     
                            台風17号での雨漏れの、依頼が、11件
                            テラス・カーポートの修理7件・ガラス交換3件の依頼が有りました。

0 コメント:

コメントを投稿

おすすめ
カテゴリー
アーカイブ